衛生栄養部

「食の安全・安心を守る」「食べる人の笑顔を作る」ため、社長直属の安全衛生専門部門として衛生栄養部を設置しています。

衛生管理指導者として東京都衛生局で長年指揮をとり、東京都食品衛生自主管理認定制度指定審査事業所審査員としての経験を踏まえた衛生担当部長を中心に、管理栄養士・栄養士の有資格者からなる安全衛生の専門部です。

衛生栄養部の主な仕事

  1. 全事業所の衛生巡回と衛生指導
  2. 衛生講習会での全体指導
  3. 新規事業所、新入社員等の衛生指導・サポート
  4. 栄養士研修
  5. お客様に向けた栄養情報の発信

安全衛生指導

私たちは、「食の安全・安心を守る」ため、「食べる人の笑顔を作る」ため、全事業所を巡回し、厳しく検査しています。

厨房内の立ち入り検査

点検項目は47項目以上。身だしなみや白衣の清潔さ、食材管理、器具の取り扱い・保管方法、作業中の衛生管理などルールに沿って手順通りに行われているか厳しく検査します。施設管理では清掃状況、整理整頓など厨房内を含め事務所や休憩室などを確認、合わせて器具や手指の細菌検査を実施し、洗浄・消毒・保管が適しているか検査します。

改善が必要なところは、作業後に責任者に伝え、後日、全員が確認できるよう(パートさんでも分かるよう)、詳しく書いた報告書(衛生巡回報告書)を担当営業部に提出。担当営業部は管轄する事業所と報告書の内容を確認し、改善に向けた話し合いを行い、改善報告書を作成します。改善報告書の提出期限は3週間以内。担当営業部は改善内容が実施できているか、確認してから衛生栄養部に提出するルーティーンです。情報を全員で共有し、自分達で考え、素早く改善・実行することで衛生管理の向上を目指しています。

各種講習会

社内向けの衛生教育として、各営業部別に年2回以上の衛生講習会を行っています。講習会では最新の衛生情報を踏まえた安全衛生全般、衛生巡回結果、アレルギー対応、異物混入防止対策など多岐に渡り、飽きさせないよう工夫しています。

社外向けとしてはお客様や施設側の要望を受け、家庭でできる食中毒・ウイルス対策、おう吐物の処理の仕方、入社時のカリキュラムとして栄養講義なども行っています。

栄養サポート

栄養士のスキルアップ、情報交換として栄養士研修を実施しています。またお客様への情報発信として毎月「栄養メモ」を発行しています。食に携わる企業として、お客様の健康を守ることも私たちの大切な仕事の一つです。

栄養士研修

営業部の垣根を越えて、栄養士同士が交流し勉強できる場所を作りたいと、毎回テーマを変え研修会を行っています。メタボ対策メニューやアレルギー対応メニューなどの献立指導、盛り付けるお皿や配置を変えることでどのように変わるかなど、テーマは無限に広がっています。

栄養情報の発信

お客様向けに毎月「栄養メモ」を発行し、栄養情報の発信をしています。またご要望により専用器具を使い血管年齢を測定し、栄養指導なども行っています。

お客様の笑顔のために…

-美味しさの向こうに笑顔がある。笑顔の数だけ「ありがとう」がある。-

『食べる人の笑顔を作る』ことが私たちの仕事です。

安全衛生・栄養サポートを行う縁の下の力持ちとして、発想力、分析力、行動力、洞察力を持って仕事に当たっています。

↑